キャバ嬢のドレスの選び方|美しく魅せる方法を伝授

女性

きれいに保管する方法

ロングドレスを自宅でクリーニングする場合は、事前にドレスの裏側などについている洗濯ラベルを必ず、確認しておきましょう。また、ドレスに付属品がある場合は、洗濯機にかける前に取り外しておくことも大切です。そうすることで、ロングドレスが傷むのを防ぐことが出来ます。

繊細な衣類の洗い方

ウーマン

手洗いで汚れを落とす

女性の華やかな雰囲気を彩ってくれるキャバ嬢のドレスを洗うときには、正しい方法で洗う必要があります。キャバ嬢のドレスには洗濯表示のタグがついているため、洗うときには必ず表示の指示に従って洗濯をします。また基本的にキャバ嬢のドレスは中性洗剤を使って洗うため、使用する洗剤の成分を確認することが大切です。洗濯を始める前にはキャバ嬢のドレスに付いている付属品は全て取り外し、ボタンやファスナーは閉じた状態で洗います。またドレスにシミが付いている場合には、シミだけを洗濯する前に取っておくことがポイントです。中性洗剤を柔らかいブラシにつけて、ドレスの下を布で押さえながら、シミを布に染み込ませる感じで取ります。繊細な部分のあるキャバ嬢のドレスは、乱暴に洗うと簡単に破れてしまうため、装飾の多い部分は慎重に手洗いします。長時間のつけ置き洗いをすると、キャバ嬢のドレスは色落ちやシミの原因となるため、つけ置き洗いをする場合には時間を守りましょう。また早く乾かしたいからといって乾燥機を使用すると、縮みや変形の原因となるため、キャバ嬢のドレスは乾燥機を使わずに乾かします。洗った後の水分を落とす方法としては洗濯機の脱水をすると、破れたりシワができるため、水分をよく吸い取るタオルを使って押し当てながら水分を取ります。また直射日光に当てるとダメージが大きくなるため、キャバ嬢のドレスを干すときには、風通しの良い日陰に干すことが重要です。

レディ

可愛らしいデザインを選ぶ

ミニ丈のキャバドレスは、妹キャラを好むお客さんの接客に役立ちます。そのため、一着は用意しておきたいところです。選ぶ際は、妹キャラの演出に役立つ、かわいらしいデザインと色がおすすめです。セクシーさも演出できればなお良いでしょう。

女の人

結婚式に着て欲しいドレス

カジュアルのイメージが強いミニドレスは、最近ではウェディングドレスに選ばれることが多いです。華やかで可愛らしい上に、ロング丈と違って足捌きも楽です。リーズナブルですので購入しやすく、結婚式終了後はリフォームして着ることができるのがミニドレスのメリットなのです。